FC2ブログ




米軍との火器量の差は歴然であり、日本軍はいよいよ追いつめられていた。本土からの援軍はもはや期待できず、孤立する。
アメリカの進撃は止まらない。
砲撃、爆音、黒煙。
火薬の匂いと血の匂いが混ざり、そして、肉の焦げる匂いが辺りを包む。
虚しい抵抗は続く。



「おい、貴様。どこの部隊だ?」
洞窟の入り口でサーベルを突きつけられた。
襟の階級章に目をやる。
「佐々木隊であります。」
直ぐさま相手が自分よりも階級が上であることを察知し、踵をそろえ背筋を伸ばすと敬礼をした。
「他の奴らはどうした。お前一人か?」
「砲弾を浴び、ほぼ壊滅。上官も戦死されました。」
一等兵は、自分にスパイではないかと疑いを向けられているのがわかった。
「軍曹殿はどちらの隊なのでありましょうか。」
「お前ごときに答える必要は無い。おい、水を調達して来い。」
水筒を押し付けられる。水の湧く場所はすでに米軍によって攻撃を受け、近寄るのは困難だった。それを知った上での命令であり、ここで過ごす条件なのだ。
洞窟の奥に人影。兵士ではない。薄暗い中目が慣れると、住民であるのがわかった。
十人ほどが、足を伸ばすのがやっとの広さの中で、息をひそめながらじっと踞っている。
突然、甲高い鳴き声が洞窟内に響く。
赤ん坊がぐずり出したのだろう。母親は周りの住人達に「すみません、すみません」と何度も頭を下げながら、泣き止むよう我が子をあやす。
ろくな栄養も取らず、乳が出るはずも無い。そうと知りながら、女は自分の乳房をふくませた。
明らかに周りの人々は、迷惑だ、ここから出て行けと言わんばかりの睨みつける視線を母子に向ける。
「おい、早く行け。」
軍曹は一番近い水源への道筋を説明すると、一等兵を追いやった。


洞窟から出ると、再び緊張の糸を張り巡らせる。
軍曹の説明では、ここからそう遠くはないだろう。もしかしたら、まだ米軍の掌握していない場所かもしれない。
小銃を構え直し、木々を抜ける。
どれくらいの時間歩いただろうか。ここではもう時間の感覚すらも曖昧になってくる。
軍曹の言った通り、岩穴から湧き出る水場を見つけた。きっと洞窟の住民が教えたに違いない。二人分の水筒に水をいっぱいに満たすと、洞窟まで帰路についた。


「水を調達して参りました。」
水筒の一つを手渡す。軍曹は黙って受け取ると、ぐいっと冷たい水を飲み、乾きを潤す。住民はそれを横目で眺めながら、しかし自分たちに分け前が無いと知るや、一等兵に視線を移した。
欠けた湯のみに水を分けてやる。それを住民達は少しずつ口に含み、みんなで回し飲んだ。
先ほどの母親が、体を横にしているのが目に入った。
「あなたも水をどうぞ。赤ん坊にも与えてやるといい。」
一等兵は水筒の水を差し出した。
母親は顔を上げると、虚ろな眼差しをよこした。赤ん坊の姿が見当たらない。
周りを見渡した。住民の誰もが目を合わせようとしなかった。
一等兵は直ぐさま赤ん坊の行く末を悟った。赤ん坊の泣き声は、敵に居所を知らせてしまう。
母親の後ろにくるまれた布の隙間から小さな腕がのぞいていた。
母親は布のくるみを抱き締めながら、声を殺して泣いていた。


「軍曹殿。他の隊と合流し、北上いたしましょう。」
「いや、ここで総攻撃まで待機するのが良かろう。」
一等兵は眉を寄せた。ここに居れば、いずれ米軍に包囲され、身動き取れなくなってしまう。今のうちに移動するのが得策なはずであった。にもかかわらず、その提案を退けるとは。
その時、地響きとともに天井が揺れた。岩砂が落ちる。米軍の攻撃が始まった。・・・まだ遠い。
まず住民を移動させる必要がある。老人や女子供は足が遅い。早めに発つようにしなければ。
軍曹のサーベルが先を塞いだ。
「勝手な真似は許さん。」
「お言葉ですが、住民は避難させるべきです。」
「一等兵ごときに指図される筋合い無いわ。」
再び砲撃の地響きが洞窟を揺らす。
近い。
「軍曹殿。敵は近くまで迫っております。」
「貴様、見て来い。」
一等兵は銃器を構えながら、入り口付近へと移動した。爆音が止み、辺りは静まり返っている。
草が揺れた。
一等兵は直ぐさま腰を屈めた。呼吸が速くなる。乾いた唇を舐めた。
木の間を黒い影が動いた。さわさわと草が揺れる。
最初に銃を放ったのは相手だった。それを合図と一等兵も応戦する。じりじりと後退しながら、洞窟の入り口まで辿り着くと、軍曹へ向かって叫ぶ。
「軍曹殿!包囲されています!」
援護を、と言葉を続ける前に、軍曹は自らの上着を脱ぎ、「お前の上着をよこせ!」と力任せに上着を引きはがそうとした。
「軍曹殿!」
「お前が軍曹だ!」
もみ合っている暇はない。たった今軍曹にされた一等兵は、急いでサーベルを投げ捨てる軍曹を尻目に、小銃を担ぎ直し応戦に向かった。
這いつくばりながら、動くもの全てに向けて撃ちまくった。
敵の砲撃音も、銃音も、自分の放つ奇声も、全ての音が遠のいていく。スローモーションのように全てがゆっくりと動き、視界が白んでいく。
弾がこめかみをかすめた。
それすらも、自分のものでないような意識が遠くから眺めているような感覚だった。
痛みすら感じず、死へ向かうということだけが自分に理解できた唯一だった。
遠くで軍曹が叫ぶ。
「俺は一等兵だ!」
住民を盾に、白い布を振りながら両手を上げて洞窟から出てくる。
戦犯逃れの、あれは遊兵だ・・・
軍曹の頭が大きく揺れた。左の耳の辺りから肉の塊ごと血飛沫をあげながら、体が崩れていった。



次に目を開けたのは看護婦がガーゼを取り替えているときだった。
幸いかすり傷ですんだせいか、肩から蛆を覗かせている者や足を切断して血をにじませている周りの負傷兵たちのように命に関わるような大けがではない。
起き上がり、鉄線の向こうへと目をやる。
小さな赤ん坊をあやす母親の姿があった。洞窟の女性であろうか。いや、違う。薄暗い中であったため、女性の顔も曖昧な記憶でしかない。
大きな泣き声が響く。
もうここでは、口を塞ぎ声を気にする必要も無い。
全ての音が戻る。
この先を生きる、確かな音だった。






スポンサーサイト



08/16|掌編小説コメント(6)トラックバック(0)TOP↑



ある村に、貧しい家族が住んでいました。どれだけ働いても役人に取り上げられ、今日一日を暮らすのもやっとの生活でした。ですが子供もよく働き、苦しくても家族は仲良く暮らしていました。
子供は二人兄妹でした。兄のヘンゼルは金の髪が陽に透けると美しく、深い海のような瞳の聡明な男の子です。妹のグレーテルは、巻き髪をお気に入りのリボンで結んだおしゃまな女の子でした。ヘンゼルは妹をたいそうかわいがり、どこへ行くにも二人は一緒でした。
ある日、町の役場へ貢ぎ物を納めにいった帰り、兄妹は手を繋ぎながら森の中を歩いていました。ですが、どれだけ歩いても出口は見つかりません。家までの道を間違えたのか、森で迷ってしまいました。もう一日中歩き回り、くたくたです。
妹のグレーテルはとうとうしゃがみ込んでしまいました。
「お兄ちゃん、腹ぺこでもう歩けない」
「もう少し頑張ってみようよ。きっと家に帰れるさ」
妹を気遣って兄のヘンゼルは励まします。
グレーテルの小さなかわいらしい鼻が、ぴくぴくと動きました。
「何かいい匂いがしてるよ」
ヘンゼルもぐるりと顔を動かし、辺りの匂いを嗅ぎました。
「お兄ちゃん、あそこ!」
突然、グレーテルは立ち上がり、森の奥へと勢いよく駆けていきました。ヘンゼルは妹の背を追いかけました。
二人は一軒の家に辿り着きました。匂いはこの家から漂っています。二人のお腹はキュルキュルと音を立てました。
「こんにちは」
ドアを開け、中を覗きましたが誰もいません。
家の周りを一周しましたが、やはり人影は見当たりませんでした。
「お兄ちゃん、このお家お菓子で出来てる!」
グレーテルは家の壁をぺろりと舐めてみました。木目に見えたのはバウムクーヘンでした。壁を伝う葉を引きちぎり、口に含んでみました。甘い砂糖菓子で出来ていました。
妹の姿を見て、ヘンゼルは慌てて手にしたものを取り上げました。
「食べちゃダメだよ。そんなにお腹が空いたの?もう我慢できない?」
グレーテルは二度大きく首を縦に振りました。この時、何故か兄の目は酷く哀しそうに見えました。
もうそれ以上ヘンゼルは何も言いませんでした。
グレーテルは再びお菓子の家に夢中になりました。家のドアにかじりつくと、チョコレートのほろ苦い味が口に広がりました。
その横を見ると、葉っぱのない小枝が転がっています。にょきっと伸びた細い枝を噛み砕きました。周りは弾力のある果物、中心はコリッとしたプレッツェルです。金色のふわふわした綿菓子が太陽にきらめきました。
これだけ食べてもまだグレーテルはお腹いっぱいになりません。
次に手にしたお菓子はドアの取っ手のような形をしています。そっと吸ってみると、ぐにゃりとした感触は次第に張りつめ、中からミルクが滴ってきました。丁度乾ききっていた喉が潤いました。
小さい赤い果肉は甘酸っぱいサクランボのようです。そして最後にグレーテルは中に青いゼリーの入ったマシュマロを二つ食べたところでようやく満腹になりました。
お腹がいっぱいになると一日歩き回ったこともあり、何だか眠くなってきました。こっくりと頭が揺れ、とうとう寝入ってしまいました。
どれくらい時間が経ったでしょう。寝ぼけた目をこすりながら、グレーテルはヘンゼルを探しました。ですがどこにも兄の姿は見当たりません。そして、よくよく目を凝らしてみると先ほどまで無心に食べていたお菓子の家もすっかり消え、目の前にあるのは古びて傾いた一軒の廃屋でした。
グレーテルは自分の足下を見ました。
そこにはヘンゼルの服だけが残されていました。




08/08|掌編小説コメント(2)トラックバック(0)TOP↑





   皆、生まれる。
   私は知っている。
   だから還るのだ。


あれはとても暑い、暑い日でした。
私は学校から家まで四十分はかかる道のりを友達と二人で帰る途中でした。小学生の子供ですから、道草をしてさらに時間が過ぎていきます。
道路は陽炎が揺らいでおりました。蝉の鳴き声が一層甲高くジリジリと耳に響きます。厚い雲に覆われ陽は陰っているのに蒸し暑く、体に玉の汗が浮かび、背中を滑り落ちていきました。頭に被った帽子はぐっしょりと濡れ、髪の毛が頬に張り付くのが気になって、何度も手で拭いました。
三分の二辺りまで来たところでしょうか。家までは曲がりくねった急な坂道を上らなくてはなりません。
友達と私は、別の道で帰ることにしました。距離にすると遠回りになりますが、あの坂道を上ることに比べたら多少遠くなろうともさして気になりません。
雑木林を横切り、沼の脇を抜けていきます。沼には蓮が淡い黄色と薄紅色の花弁を広げていました。それを眺めながら、小道を歩いていると向こう側に人の姿を見つけました。それが何故目にとまったかといえば、沼の敷地は足下が悪く、小道以外は歩いてはいけないと学校でよくよく注意を受けていたからです。
向こう側にいたのは同じ年頃の男の子でした。ですが、見たことのない顔です。小さな村ですから、同じ学校に通う生徒は大体顔なじみです。知らぬ子がいるとも思えません。不思議に思って友達に聞こうと声をかけようとしたその時です。
男の子が沼に片足を入れたではありませんか!
私は思わずあっと声をあげたと思います。ですが、体はまるで金縛りにあったかのようにぴくりとも動きません。ただ目だけを見開き、その光景を凝視するだけでした。一瞬のような短い時間が、私にはとてつもなく長い時間のように思えました。
男の子は笑っていました。
首まで体が浸かったところで、とても気持ち良さそうに水に体をあずけ、微睡みながら瞼を閉じました。そしてとうとう頭の天辺まで見えなくなると、ただ白い気泡だけが水面に小さく浮かんでいました。それもやがて消えると、沼は何事もなかったかのようにひっそりと静まり返りました。私は汗が目にしみるのも忘れ、まだ水面を見続けていました。
私はこの感覚を知っている・・・
どこからかふっと体に沸いてきました。
このとき、男の子と私は同じ感覚の中にいたのだと思います。ですが、それが何であるのかはっきりと説明することは難しく、やはり感覚の解明には至りませんでした。
友達に男の子の話をしても、見なかったといいます。ですが、そんなはずはありません。私はしっかりと男の子と目を合わし、彼の表情まで見ているのですから。
しかしその出来事から何年も経つと、初めの確信は大きく揺れ、夢だったのではないかと自身の記憶が曖昧になっていきました。それは日々の生活が、少しずつあの日の一件から遠ざかっていったからでしょう。男の子の顔も朧になり、沼が霞み、まるで小説の一場面のように私の頭が作り上げる映像にすり替わったのかもしれません。
私は大人になり、そうしてすっかり思い出すこともなくなりました。
結婚し、人並みに幸せでもありました。
子も授かり、母になる歓びに嬉々としていたものです。日に日に膨れていくおなかを撫でながらまだ顔も見ぬ我が子に話しかけていました。それは楽しいひとときでした。
陣痛が始まり、とうとう出産がやってきました。
激しい痛みに、どうしても息が上がります。それは仕方のないことでしょう。額には汗が浮かび上がり、体もじっとりと寝衣を湿らせます。
真っ白な頭の中で、結婚式の盃を思い出したかと思えば幼少の祖父母の膝枕を思い出したり、まるで走馬灯のように駆け巡っていきました。その中に、あの暑い日の出来事もありました。
笑う男の子。冷たい水。一面の蓮。萌える新緑。
断片的にそれらは交錯し、私の頭の中を駆け巡っていきました。
そしてやっと、産道を通り赤ん坊が産婆の手で取り上げられました。赤ん坊の泣き声が部屋いっぱいに響きわたりました。
産婆は元気な男の子ですよ、と私の胸に抱かせました。私は疲労と安堵で暫し呆然としていたようです。汗ばんだ胸に乗った小さな赤ん坊の顔を見ました。この時の私の驚きと歓びと感情をどう表現したらいいでしょう!
赤ん坊はまさにあの男の子ではありませんか!
私は全てを一瞬で理解しました。
あの沼は羊水なのです。赤ん坊が安心しきって全てをゆだねる母の胎内なのです。
私もあの感覚を知っていると思ったのは、私も同じようにかつて母の胎内で体を丸めて浮かんでいたからに違いありません。居心地のいいあの中。
私は汗で頬に張り付いた髪を払いました。体は消耗し、腕を上げるのも気怠く感じて、少し休みたくなりました。
そうして目を閉じると、男の子が----私の息子が----沼から私を手招きます。
笑いながら私たちは微睡んでいきました。



   ああ、皆あそこから生まれ、そして還るのだ。
   私も。





07/26|掌編小説コメント(2)トラックバック(0)TOP↑



ベッドに腰掛けながら、珈琲を啜る。琥珀色の液体の苦い香りが目覚めには丁度いい。
ちらりと窓際の時計に視線を移した。
大丈夫だ、もう少し時間はある。

すいと視線を傍らに移す。
うつ伏せた彼女の背が白く浮き立っている。


いつものように電車に乗り、いつものように仕事を終え、いつもの家路につくつもりだった。
足は何故かここへ向いた。

煙草を取り出す。
口にくわえて思い直し、ケースに戻した。

テーブルの上の指輪。
椅子の背に掛けたジャケット。
乱れたヒール。

もう一口珈琲を啜る。
彼女が湯気に霞む。
まだ湿り気の残る髪を後ろへ撫で付けた。


「もう行くよ。」
起きないよう、声を出さずに囁いた。

この部屋を出ればまた、ただの『男と女』




07/13|掌編小説コメント(5)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

まあこ

Author:まあこ


<好きな人>
歌人:加藤聡明
写真家:高須清光、グレゴリー・コルベール
版画家:駒井哲郎
画家:ギュスターヴ・モロー
イラストレーター:天野喜孝、立本倫子、酒井駒子
ピアニスト:田部京子
曲:ボレロ、白鳥の湖
歌手:BUCK-TICK
作家:高村薫


<最近のハマりもの>
温泉

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク
フリーエリア